カテゴリ:☆日本酒 > ☆8

DO_CMwlV4AAeBG1
山口県岩国市
八百新酒造
雁木 初搾り新酒 純米吟醸無濾過生原酒
酒米 山田錦
精米歩合 50%
酵母 ?
アルコール度数 17度
評価 ☆8

今月製造の出来立てです。
色は澄んでいて僅に黄色。香り洋梨、ミネラル、蕎麦。
穏やかな飲み口で、柔らかな甘味、酸のバランスも良く、旨味もしっかり出ている。
コクの中に程よい苦味と辛さを併せ持ち、17度あるボディもしっかりしています。
これはレベル高い。 

DNi9wDjUQAAuBLg
山口県岩国市
旭酒造
獺祭 等外
酒米 山田錦
精米歩合 30%
酵母 9号熊本?
アルコール度数 16度
評価 ☆8+ 

色合いは黄色がかっている。香りはミックスフルーツ、とても上品。
味わいは沢山削っただけあってスマート。
ミルキーなコメの甘さ、余韻にかけて非常にスムースに消えていく。
過去最高のコストパフォーマンスを体験。千円前半でこの出来はあり得ない。

等外米の説明は他サイトでもされていますが、要するに形が不揃いで等級外としてはじかれてしまった米です。農家で生産された山田錦の5~10%が等外となるようですが、旭酒造は農家からこの等外米も一緒に買い取り、削りまくることで製品にしています。これは農家も嬉しいし、消費者も安価に美味い酒が飲めるので良いことずくめです。

12階建ての酒蔵というより工場のような建屋を建て、バリバリのITを導入して増産をはじめたのは2年前。今では和民でも飲めるし、ホームセンターでも手に入るほど身近になりましたが、安価に高品質な日本酒を飲めるのは素直に有難いと思います。何だかんだ言われても旭酒造がなしえたことは素晴らしい!
DNi9w4wU8AASVTA

DKz9NJcUMAAc82_
長野県諏訪市
宮坂醸造
真澄 七號 山廃純米大吟醸 生詰
酒米 信州産美山錦
精米歩合 45%
アルコール度数 16度
酵母 七号
評価 ☆8

香り甘く、黄桃の缶詰シロップ、ライチ。
まろやかな口当たり、広がる米の甘み、後半に穏やかな酸がやってくる。
余韻は短くさっぱりとしている。

セラ真澄で購入しました。
記事:セラ真澄
DKz9N-WVYAANQY7



DF0WDAKVoAEnR1L
奈良県香芝市
大倉本家
大倉 純米生酒 夏うらら
酒米:ひとごこち(長野県産)
精米歩合:70%
酵母:協会701号
アルコール度数:16.5%
☆8+

濃厚なリンゴの香り。
濃厚バナナがあります。しっかり冷やして美味い。デザートワインです。
非常に豊かな甘みを持っていて、熟したフルーツ感が凄い!
終盤にキリッとした酸が引き締め、ベタベタな甘さにならないのが良いです。
素晴らしい。
DF0WD2LU0AEz0BE

DEdMCBIV0AQXo9x
愛知県名古屋市
金虎酒造
酒米 国産
精米歩合 60%
アルコール度数 17%
☆8

香りフルーツ、パイナップル系、爽やかさも有ります。
一瞬の甘さの後に、芳醇さ、濃厚な酸味、苦味が同時にやってくる力強い盛り上がりをみせるアタックが良いです。
そしてコメの甘みを伴いながら辛口でキレていきます。
DEdMDBYVoAQ7C2D
名古屋高島屋のイベントで購入。

DESJMXWUIAAre6n
宮城県栗原市
萩野酒造
酒米 山田錦
精米歩合 60%
アルコール度数 17%
瓶内二次発酵
☆8+

色合いは薄濁り。瓶内には澱もあります。
香りドラゴンフルーツ、洋ナシ、メロン、少し檜、ミネラルも感じます。
チリチリとした発泡感。始めフルーツの甘みとコメの旨み、奥行きがある味わい。酵母感。
後半は辛口でキレがあり飲み飽きません。
溢れ出るジューシーな米の旨味、すばらしい出来です。
DESJNC9UAAAI1dg

DDP0N68U0AEv899
長野県木曽郡木祖村
湯川酒造店
酒米 長野県木曽産 ひとごごち
精米歩合 60%
酵母 901号?
アルコール度数 17%
☆8

夏酒らしく、香りは爽やかで、ビワの香りもあります。
まろやかな米の旨味に、爽やかな酸味がキリッとしていて、17度あるアルコール度数を忘れて飲み過ぎてしまいます。

高島屋に蔵元さんが来ていて、色々試飲して購入させてもらいました。
DDP0OpDU0AEx1UK
メモ:ひとごごち
長野県農事試験場が平成6年に育成した酒造好適米品種。
同じ長野発祥の美山錦より米粒が大きく、芯白も大きい。
芯白の大きさ : 山田錦>ひとごこち>美山錦


DCmHchhVwAE8ilH
福島県会津若松市
宮泉銘醸
酒米 岡山県 赤磐(あかいわ)地区雄町
精米歩合 50%
アルコール度数 16%

スーっと果実の香り、リンゴ、洋ナシ、カモミール、素晴らしいです。
米のふくよかな甘さと旨みが口腔にぶわーっと広がります。
そしてキリリとした酸が〆、ほのかにマンゴーの余韻が残ります。

☆8+
DCmHe0TV0AEsFVw
備前雄町の写楽も同時期にリリースされています。
希少性では赤磐雄町なわけですが、価格は同じですね。
赤磐雄町の方がより旨味、甘味が強いとのことです。ぜひ飲み比べてみたいところです。

DCBsQYbV0AA_mfg
まんさくの花 プレミアムエディション 純米吟醸生原酒 爽々酒
秋田県横手市
日の丸醸造
酒米 あきた酒こまち
精米歩合 麹米50% 掛米55%
酵母:協会1001号
アルコール度数 16%


蔵元の情報によると、フレッシュな状態を届けるため蔵人が一本一本手作業で瓶詰めした直汲みだそうで、非常に楽しみにしていました。
シュポッと開栓。発泡感はそれほど強くはありませんが、瓶内発酵でないことを考えると十分で、蔵の方々が一生懸命に搾りたてを詰めてくれたことに感動を受けます。
色合いは少し黄色を帯びています。
香りは摘んだ直後の梅の実、リンゴも少々。
滑り込むように入ってきて、僅かに弾けます。
柔らかなボディで、米の甘さと酸のバランスが絶妙です。
最後はほんのり上品な甘さとともに綺麗に消えます。

爽々酒、そうそうしゅと読みます。
季節限定になるのですが、グビグビいけそうなネーミングと爽やかなエチケットからは低アルコールかと思ってしまいますが、きっちり16%あります。いつもは四合瓶なのですが、今回は珍しく一升瓶なので、ガスが抜けた頃にはロックなんかでも試してみたいと思います。


☆8
DCBsRAmUAAA-3N9

DARAojpUQAEmHRz
秋田県横手市
日の丸醸造
酒米 亀の尾
精米歩合 55%
酵母:AK-1
アルコール度数 16%
一度火入れ原酒

バニラクリーム、木、リンゴ系のフルーツの香りがします。
柔らかなボディ。上品な米の甘さはジューシーさがあり、綺麗に消えていきます。
ノドを通過するときに少しアルコールの辛さがありますが、キリッとした酸もあって、ダラダラせずに後半を引き締めていて良い感じです。

☆8
DARApMMUAAEgtTA
巡米吟醸は、酒米違い(「雄町」「秋田酒こまち」「美郷錦」「亀の尾」「山田錦」「愛山」)で2か月ごとにリリースされています。酒米以外は精米歩合、酵母など同一条件でそろえて醸造されているため、純粋に酒米の違いが楽しめるという、日本酒を学ぶ上ではありがたい企画なんですね。しかし、私は亀の尾しか飲めていない。。

メモ:AK-1酵母(秋田流花酵母)
平成8年(1996年)に協会15号として登録。秋田県では新政酵母(協会6号)が昭和10年(1935年)に登録されて以来、60年ぶりの協会登録酵母。特長は軽め、スッキリ、吟醸香、後味軽め。低温長期発酵に向く。

↑このページのトップヘ