CnP3-93VMAAX51q
国産ウイスキーブーム。
ここ数年、海外でも爆発的人気となっているジャパニーズ・ウイスキー。
国内では新しい蒸溜所オープンの話も次々と聞こえてきます。
一方で蒸溜設備を持たなくとも、地ウイスキーとしてこのブームに乗てリリースされるボトルも多数目にするようになりました。

さて先日、アピタへ買い物に行った際に、酒売り場で綺麗にディスプレイされた大量のボトルを発見。
近づくと、見慣れぬラベルのウイスキーが。
「札幌ウイスキー」?
裏ラベルを見ると、25年以上貯蔵したモルトを使用した地ウイスキー。
え?どこで蒸溜? どこで25年も貯蔵?
価格も3000円オーバー。やめておこう。
Cu-ReXqVYAAQKtq

が、数日後・・・
会社から帰宅すると、リビングのテーブルにどこかで見たようなボトルが!
「札幌ウイスキー」! まさかの再会!
義父が私の酒好きを知っていて、プレゼントしてくれたのでした。
あ、ありがとうございます!

さぁ、さっそく飲んでみよう。

スーッと立ち上る香りはシトラス、
あと綿アメ、コンペイトウ、マッシュポテト、ただ薄いです。
25年貯蔵使用は極少量と思われます。
飲み口は甘くソフトで、軽い。舌の上で消えていくほど。
フィニッシュは爽やかに、サラリと無くなり余韻も極短い。

単調ですがウイスキーを飲み慣れない人には、
ストレートでも非常に飲みやすいと思います。

本製品、おそらく買い付けたウイスキーの再貯蔵と思いますが、どこで蒸溜されたものか、樽は札幌市内で1990年から貯蔵されていたのか、ネットを検索しても情報は出てこず、色々と疑問は残ります。

☆3+