カテゴリ:☆ウイスキー > ☆6

DO1roVTVQAADbxK
北海道余市郡
ニッカウヰスキー
シングルモルト余市 モスカテルウッドフィニッシュ
モルト
アルコール度数 46%
評価 ☆6+

香り甘くハチミツ、モルトの穀物系、多少酸味の有る柑橘も少し。
味わいは香りの続きで甘さがありますが、余市のピートもやってくる。
余市らしい骨太なボディーですが、結構思ったよりレーズンのような甘味が強く、なんとなく自分が余市に求めるものと違う気がします。

DA1V7W4VoAAsPfn
ニッカウヰスキー
ブレンデッド
アルコール度数 43%
☆6

香は、樽、カスタード、もみ殻、焚き火。
始めスーッと入ってきてシェリー由来の甘さが広がり、続いて舌を通過し始めると辛さがやってきます。
ほんの僅かですがニッカの硫黄、辛口にキリリとしめながら、ピートを感じる余韻に繋がります。
そして最後の最後は、シェリーの甘味が舌の回りに残ります。

上記のテイスティング後にニッカの製品紹介ページを見てみたのですが、シェリーが広がった後にヘビーピートが現れるという記載は、まさにブレンダーの狙い通りとなっていました。
これだけヘビーピートでガツンとくるのは一般受けするとは思えないのですが、それを限定品とはいえ全国展開するあたりはニッカらしい製品だと思います。
DEMKKGnV0AAHLVP
ハイボールにすると、意外にフルーティーな感じに出来上がります。そして程よいピートの余韻がなかなか良いです。

クロスオーバーをうまいと言ってリピートするのは、普段ウイスキーを飲む人の中でもごく一部のツボにはまった人だと思いますが、再び買いに行ったときには限定数のため商品棚から無くなっているという状況でしょうね。
考えてみると、この売り方は大手ビールメーカーがコンビニなどで限定数のクラフトビールを出す販売方法に似ていますね。ということは、ブラックニッカは次の限定品を考えている可能性が高いと予想します。青ビン、黒ビンときたので、次は赤ビンで華やかさを狙い、モルトは宮城峡メイン?とか色々想像をしてしまいます。

過去の記事:ブラックニッカ アロマティック

C_IASHwUIAAyqUe
余市烝溜所限定
ニッカウヰスキー
余市 シングルモルト SHERRY & SWEET(S&S)
モルト
アルコール度数 55%
☆6

香りはさつまいも、バルサミコ、輪ゴムのような硫黄っぽさ、なめし皮。
味わい甘く暖かく、ブランデーのような雰囲気をもっています。また、ナッツも有り。
後味にほんのり苦みと甘味、ザッハトルテを思い起こします。
加水すると柔らかく甘さが主になり非常に飲み易い。
ただ、12年貯蔵のシェリー&スイートもそうでしたが、単調な感じは否めません。

CuzerdRVYAAoHET
ニッカウヰスキー
ブレンデッド 特級
アルコール度数 43%
☆6+

ローリー卿ラベル。オークションにて購入しました。
液面低下は少な目で、見た目の状態はかなりよさげです。
DKVgcQlU8AEnw1X
レモンハートみたいにロックで。

マンゴーとかの果物、ウッディな香りもします。
スムースでじんわり甘い!

氷が溶けても、バランスを崩さずへたらない。
ザ・ニッカ12年よりも華やかで飲みやすい気がします。
CvNoN5QVUAEUG88
続いてハイボールにしてみました。

穀物を感じる甘い香り。
丸みがあり、少しオイリー。
鼻に抜けるスモーキーさが良いのですが、
どちらかというとロックの方が飲み方としてはおススメです。




CfSP__JUUAQ3be-
富士御殿場蒸溜所
キリンディスティラリー
ブレンデッド
ノンチルフィルタード
アルコール度数 50%

旧、富士山麓に比べ、色合いは微妙に濃くなりました。
香りは鼻の奥に刺さるアルコールの刺激が減少し、ブランデーケーキ、干しぶどう、チョコ。
グレーンが全面的なのは変わらずですが、ニスのような雰囲気は穏やかになっています。
メープルシロップのような甘さ、バーボンのような樽香が余韻に残ります。
新、富士山麓は、旧、富士山麓よりも明らかにワンランクアップの正常進化といえます。

ロックにしてみると、香りはクリーム系、モンブランケーキ。
ねっとりとした甘さが中々良いです。甘味の強さ、度数の高さから、氷が溶けてきても味わいの変化を楽しむことができます。

Cm_oegKUMAA9fyn
新 富士山麓になっても、相変わらずハイボールが美味いです。
割り負けすることはなく、甘さ、芳醇さがしっかりしていて、炭酸で爽やかに喉を通った後も、口腔に残る樽香が心地よいです。

CfSYh6DVIAUoV7h
ブレンデッドでアルコール度数の近いフロム・ザ・バレル(51.4°)と飲み比べてみました。
フロム・ザ・バレルは香りに少し梅っぽさがあり、ほぼ同じ度数ながら富士山麓よりアルコールの刺激が更に穏やです。
ジワッと広がる甘みと濃厚なコクもフロム・ザ・バレルの方が強く感じられます。
価格は比べてみるとフロム・ザ・バレルの方がかなり高いです。
フロム・ザ・バレル 2400円(500ml) 480円(100ml換算)
新 富士山麓    1400円(700ml) 200円(100ml換算) オープン価格
100ml換算すると倍以上の価格になります。
そう考えると、新、富士山麓はかなりお買い得度が高いですね。

☆6

COI6ZHcUwAArVoV
余市の新旧NA(ノンエイジ)比較。

色は新NAの方が薄いですね。

<飲み方:ストレート>
お互い若者同士、尖ってますねー。

新はよリピーティーになりました。
旧のほうが華やかさと甘みが強いです。

新旧ともに、じわっと舌にくるアルコールの感じは似ています。
また、余市モルトに共通する、 カチンと火花が散るようなアタックが良いです。

新は余市らしさを強調するためか、 よりスモーキーな方に振った感はありますね。
CON3nY0UEAAWgQz

<飲み方:ハイボール>
余市っぽいというところでは新余市。

ニートでもそうですがピーティな感じが出てます。
炭酸が落ち着くと、ちょっとオイリーさや麦芽の旨みも。

新余市、悪くないですが価格に見合うかと言うと…なかなか難しいですね。

新余市NA ☆5
旧余市NA ☆6

144267055332752406177_DSC02823
ニッカウヰスキー
ブレンデッド
アルコール度数 43%

昭和の親父、、、終売。

アルコール感強いのですが、
グレーンの甘い香りに、マッタリした甘い後味がなんともいえません。

ボディは非常に力強く、どっしり。
モルトの原酒は余市のみを使用らしく、
余市の原酒不足の中、終売を迎えることになったのは仕方ないかもしれません。

もともと酒屋でたまにしか見かけない品なのですが、
コスパは非常に高いと思います。

飲み手に媚びない芯の強さがある。
高度成長期を支えてきた親父のような、
そんな無骨な感じがいいですね。
CmRzNeWUsAIwDO5
ストレートだと結構武骨なんですが、
ハイボールにすると爽やかな柑橘系の味わいを残しますよ。

G&Gはラベルにあるように、GOLD&GOLDです。
ここで紹介した白ビン(実際は透明です)に対し、同じ形をでラベルに大きくG&Gと書かれた黒い瓶のタイプが過去にありました。

☆6

blacknikkaclearblend

父の日に、奥さんと息子がプレゼントしてくれたウイスキー。
ノンピート・モルトを使用しているため、すっきりとした飲み口です。
冷えた水で割ってグビグビ飲んだり、サイダーで割ったり、
その他どんな飲み方にも対応できるウイスキーです。
ただ単品で味わうとなると、やっぱり個性が足りません。
その個性のない飲み易さがクリアブレンドの売りなんですけどね。

☆6(66p)


yoichi10

うちの奥さんが買ってくれたウィスキーセット「余市神話」で、
「シングルカスク余市10年(ミニボトル)」とセットになっている物です。
コーンとかの穀物系の香りと、石灰のような香り。
色は琥珀色。
ストレートでの味わいは、塩辛いような印象を受けます。
口の中がしびれるパンチのある刺激。重めの力強いアルコール感。
フィニッシュは口が渇くような感じがしてしまい、
しっかりと余韻に浸れません。
水で1:1に割っても、香り味わいなどに特徴的な変化はあまりなく、
単純に1/2になった感じがします

☆6+(69p)
シングルモルト 45%
参考4500円/700ml


↑このページのトップヘ