カテゴリ:ウイスキー > サントリー

DJwDpqUUQAAjqJf
山崎蒸溜所の有料ツアーに参加しました。常時2,3ヶ月先まで予約が埋まっている程の人気なのですが、たまたまサイトで予約状況を見てみたら数日後に空きが出ていました。キャンセルがあったんでしょう、お陰で運良く予約が入れられました。

前回来たのは10年以上前。まだ、ツアーも無料で予約も不要、飛び込みでも全然参加できたのですが、時代が変わったものです。
DJuniZhVAAAfCJc
JR山崎駅から懐かしの小道を行く途中、追い越した二組はいづれも東南アジア系の外国人。昔となんだか雰囲気が違います。
DJuw-shUEAEZmDZ
ツアー予約の一時間前に到着。受付に行って予約時刻を伝えると、「○○様。ようこそいらっしゃいました」あれ?なぜ名乗っていないのに名前を? 聞いてみると、ツアー参加者に日本人が2名しかおらず、一人は既に入場済みだから分かったそうです。なんと25名中23名が外国人というツアーに当たったわけです。
DJ-i-_DUQAAa-74
国産第一号ウイスキー サントリー白札。
集合時間までウイスキー博物館を見学しましたが、自分以外は外国人しかいません。
DJvQ6ExVoAEB8oM
とりあえす、お決まりのこの場所を撮影しようと思いましたが、代わる代わる外国人がポーズをとって撮影しているので、これ一枚撮るのも結構大変でした。
DJvQ7xPUEAAVaOM
何が並んでいるのか良くみてみると山崎の原酒はもちろん、サントリーの扱うスコッチやバーボンも並んでいます。更にはリンクウッド、ストラスアイラなどもありますね。

ショップも見に行きましたが、山崎はNAと蒸溜所限定シングルモルトのみで年数表示の物は一切販売無し。まぁ、分かってはいましたが、仕方が無いですね。

さて、ツアーの集合時間。見渡すと中国語の通訳を伴った団体が半数を占め、残りは少人数の外国人グループで人種はまちまち。そして日本人は私を含めて2名。
後で聞いてみたら、今日はいつもに増して外国人が多いそうで、実際は年間でみると来場者の外国人比率は1割ぐらいらしいです。
DJ6YskuUEAA5F91
まずは糖化槽と発酵槽。
DSC08879
木で作られた発酵槽は、高さは3~4m。見学できるのは木桶のみですが、山崎には他にステンレスの発酵槽も有ります。
DJ-i9yaU8AADJS4
蒸溜釜。初溜釜6基、再溜釜6基が見学できます。
蒸溜釜の形は真ん中が膨らんでいるバルジ型(写真手前)、ストレート型(手前から2番目)があり、味わいが異なったニューポットができあがります。グレンフィディックなんかも複数の形を揃えていますが、一つの蒸溜所でこのように複数の釜を使い分けている所は少ないです。また、加熱方法はスチームから置き換えが進んだ結果、現在は真ん中の3号基を除いてガス直火です。この他に見学はできない別の場所に初溜、再溜それぞれ2基が2013年に追加されていますので、山崎蒸溜所には合計8対16基が稼働していることになります。白州も同じ8対16基です。ちなみにニッカは余市が初溜4基、再溜2基、宮城峡が初溜4基、再溜4基。蒸溜釜の数だけでいうとニッカの倍以上ですね。スコットランド最大のグレンフィディックは、小型とはいえ初溜13基、再溜15基と流石に多いです。
DJ-iRFKVoAAOdBa
山崎のツアーで見学できる貯蔵庫は、床がコンクリート、高さは三段まで積んだダンネージ式で、およそ2000樽。そして、見学した上のフロアーも貯蔵庫らしく、同程度の樽が有るそうです。他に貯蔵庫を聞いてみると、新幹線からも見える大きな建物、あの中に樽がたくさん詰まっているそうで、おそらく内部はラック式になっていると思われます。山崎全体で一万~数万樽?これは蒸溜所の方に聞きましたが、企業秘密らしくはっきりとは答えてもらえませんでしたが、サントリー全体では白州、近江をあわせて100万樽だそうです。ネット調べですが、かつては八ヶ岳にもエイジングセラーがあったらしく、全体では160万樽といわれていたこともあったようです。
DJvbC4mVwAAKWfx
奥に見える鏡板が黒いのは知多のグレーン。響のブレンドなどに使われるそうです。
山崎はボトリングもしていますが、見学はできません。山崎でボトリングされるのは、山崎、響などの高級酒のみだそうです。
DJwDqyQUMAA534u
さて、ツアーの最後は試飲です。
構成原酒12年が2種類と、山崎NAが2杯(1杯はハイボール用で、山崎の炭酸水が頂けます)。
・ホワイト オーク樽 12年とは思えないほど薄い色。鼻をつく酸味、洋梨、蜜、 トースト 味わいビスケット キュッとしたボディ。
・ワイン樽 香りストロベリーチョコ。赤ワイン ポリフェノールを感じ、柔らかく広がる。
続いて山崎NAを頂くとやはり、ブレンダーはすごいと思いますね。華やかな香り、ワイン樽のストロベリーチョコがあり、味わい甘く蜜っぽさが広がります。そしてウッディで、スパイスのある余韻に繋がります。
DJ-ht2BV4AAMgVZ
ツアーが終了した後は、もうひとつの目的であった有料試飲。構成原酒3種と山崎18年、25年を頂きました。有料ツアーの試飲にあったホワイトオークとワイン樽はメニューに有りません。
DJvb4ivUIAAeGj1
・パンチョン樽 スッと甘いフルーツ、キリッと辛口、じんわり甘い余韻。
・シェリー樽 焦げたレーズン、プルーン、酸味渋みのある甘味が広がる。
・ミズナラ樽 香り控えめ、糖、お香、じんわり上質に広がる甘さ後半力強く盛り上がる。
・山崎18年  甘いショートケーキ、黒糖、華やかさ舌の横から裏にかけてじっくり。
・山崎25年  アルコールの刺激が無い。チーズケーキ、古い樽、枕木、キャラメルで作ったフレンチトースト。濃さ、重さ、甘いバニラを伴う長い余韻。
満足です!特に25年の持つ固形になりかけているかの様な独特なコクは、かつて体験したことのないものです。

さて、帰宅前に気になっていた場所へ。
DJ-ho9gVAAEf4qQ
蒸溜所の裏手にある椎尾(しいお)神社です。サントリーの樽がお供えされていました。
DJ-hqotUIAAC-HR
ちょろちょろと水が流れているので、気になって境内の裏山をさらに登っていきましたが意外と険しく、クマ注意の看板も。どこまでも続く山道に10分ぐらい進んだところであきらめました。
DJ-hsJhUEAAK_zq
これからも美味しいお酒が飲めるよう健康を祈願して帰路につきました。
、、が、山崎駅に着いてから気づきました。ショップに寄るのを忘れてる、、。
蒸溜所限定シングルモルトを買おうと思っていましたが、まぁいいか。
帰って自宅にある山崎12年を飲むことにします。

DSC08637
今年の夏休みの家族旅行は、蓼科、諏訪、そして白州。
もう何度も訪れている白州蒸溜所ですが、何度来ても飽きることはありません。

今回は家族の許可を貰い、私だけ朝10時のバーオープンとともに「BAR白州」に入りました。
DSC08638
メニューを見ると非常にリーズナブルな価格で、白州や山崎以外にもサントリーが扱うマッカランやボウモアなど沢山のウイスキーが載っています。
時間があまりないため、今回は白州に絞り、白州の構成原酒(3種類)、白州25年、白州18年、計5種をいただきました。
DHEoIpxVYAQbUbW
白州スモーキー:薬品ぽさ、スモーク、麦芽の風味。舌の上でほのかな甘み、キリリとした刺激。
白州シェリー:チョコレーズン、枕木、甘く華やかな香り。今回5種の中で一番感激したかも。
白州ホワイトオーク:酸味がかった樽の香り、少し石鹸。穏やかな甘み。
白州18年:クリーミー、少しキャラメル、口腔内での広がりがすばらしい。
白州25年:じんわりした甘み。乳酸的な雰囲気。いつもでも残る余韻。
DSC08644
これは一日中ここに居たいですね。

白州のボトルを併設されているお土産屋で購入しようとしても、白州は蒸溜所限定のシングルモルトしか販売していません。しかも一人一本まで。白州25年、18年はもちろん、12年のボトルもありません。厳密にはチョコレートと12年の小瓶セットなら売っています。なんとも寂しい状況ですが仕方が無いですね。

そして、今回のお土産。
DHMWD03UIAALj1I
蒸溜所限定シングルモルトは妻と私で一本ずつ購入。あとはチョコとセットの12年の小瓶。 最近のマイブームである燻製用の樽材スモークチップなど。

前回訪れたときは昨年の冬(2016.12)
DSC07467
四季折々の景色を見せてくれます。
またいつでも訪れたい場所ですね。

Ck6q7eQUUAAnDRt
サントリー
山崎
シングルモルト
アルコール度数 43%

山崎 リミテッドエディション 2015 2016を飲み比べてみました。

どちらのボトルも、開栓直後から分かりやすい山崎の華やかさが開きます。
香りの傾向は似ていますが、2015はハードで芯があり、2016はより華やかな印象です。
例えて言うなら2015は樹液、2016は花の蜜みたいなイメージです。Cm2IMr_UcAQmPu0
2015は、メープルシロップ、樹液、いわゆるカブトムシ系?の雰囲気があります。
2016は、カスタードクリーム、レーズン、黒糖、甘い香りです。空いたグラスの香りはガトーショコラ、わずかに石鹸ぽさ。
少し大げさに違いを表現してみましたが、いずれもトップノートの華やかさは抜群で「あぁ山崎だこれは」と、すぐにわかります。
味わいは、若さを感じる刺々しさとかはないのですが、いずれも山崎12年と比べボディが若干細く感じます。

2015,2016、サントリーのテイスティングノートを見比べてみます。
CkLwc5JUYAA4iHi
使われている写真、ノートも一字一句同じです・・・(笑)。

山崎10年が終売になり、山崎12年も今では店頭で滅多にお目にかかれない状況の中、原酒の選択肢は多くないことが想像できます。そんな中でも毎年リミテッドエディションとして山崎の甘く華やかな雰囲気をしっかりまとめ上げているのは流石だと思います。その分、多少なりとも通常ラインナップの山崎の出荷に影響が出ている可能性はありますが。

本製品は2014,2015,2016と3年連続、主にギフト向けとして販売されてきました。
山崎というネームバリューと甘く芳醇な香りは、ウイスキーを飲みなれない人でも受け入れやすく、ギフト向けにはとても良い選択になると思います。
直接金色の文字が印刷されたボトルも高級感を演出しています。
価格は2014が8000円でしたが、2015,2016は1万円となっています。
ClytWr8UsAA7hOL
ここだけの話ですが、山崎12年の価格の方が8500円と安く、山崎の主軸であることから構成原酒が確保され、安定の品質を保っているはずです。実際のところ全体のバランスを見ても12年の方が確実にレベルが高いと思います。

今年もリミテッドエディション2017が販売されていますが、おそらく例年通りのギフト向けのコンセプトを踏襲していると思いますので、山崎と瞬時にわかる華やかな香り、オシャレなボトル、限定品という特別感の演出もあり、ギフトでもらった時は嬉しくてワクワクすること間違いないでしょう。

評価 ☆7

DSC_0154

名古屋駅の知多バー。
原酒テイスティングセミナーに行ってきました。

DSC_0153

ウェルカムドリンクは、知多ハイボール。

セミナーは、次のような流れで進みます。

1.店主から知多蒸溜所の説明
2.福與チーフブレンダーの解説ビデオを観ながら、原酒をテイスティング
3.料理と知多ハイボールのマリアージュを楽しむ。
こんな感じです。

実際に知多の構成原酒は10種類ですが、
今回試飲できるのは、以下3種類の原酒と、製品の知多。
・クリーン原酒
・ヘビー原酒
・ワイン樽原酒
・知多(製品)

3種ともアメリカンオークの古樽ですが、
ワイン樽のみ途中でフレンチオークのワイン樽へ詰め替えしているそうです。

まず、クリーン原酒をテイスティングすると、
知多はこれが主体だなと、すぐ分かります。
製品の特長である余韻にフレッシュな木、軽やかさがあり、スムースで飲みやすい。
ただ、これだけだと腰高な感じがします。
ヘビー原酒は、苦味、蒸した穀物強めで、クリーンにはない感じで横に広がります。
ワイン樽原酒は、干し葡萄の甘さと少し酸味を感じることができます。
最後に知多をいただきましたが、クリーンだけでは不足していた部分を、ブレンドによって上手くまとめていることを再確認できました。

さて、気になっていた仕込み水の質問をしてみました。
答えは、やはり愛知用水。
連続式蒸留器でアルコール度数を90度まで高めてしまうと、あまり仕込み水は関係ないようです。
それよりは加水の方が重要で、蒸溜された原酒は知多では樽詰めされず、
山崎、白州、近江に運ばれ、その土地の水で加水されます。

知多は工業団地の中でもJAのある場所に位置していて、
米国からのトウモロコシの陸上げ場所になります。
蒸溜後の各貯蔵庫までの運送にもロケーションが良いとのことです。

いろいろ勉強になりました。

最後は、おいし食事とともに、もう一度知多のハイボールで締め。
DSC_0156

知多バーは一年の予定が、期間を半年延長して今年3月に営業終了と聞いていました。
が、更に半年延長して9月まで営業するそうです。
また、名古屋に出向いた際には、立ち寄りたいと思います。




Ct7bs1sVYAI_0d8
Yamazaki
アルコール度数 48%

サントリーのウイスキーショップ W.限定品。

このウイスキーの特徴は、
麦芽を通常より高温で乾燥させたところだそうです。

では、実際どのように味わいに現れているでしょう。

色合いは薄い金色です。

爽やかな香りは、
一瞬白州?と思ってしまいます。
じっくりにおいを嗅ぐと、
砂糖の入った紅茶や、ナッツもあります。

味わいはシャープ。
ピリッとスパイシーさ、さりげない甘さ。
スッキリとしたキレのよさがあります。


山崎の持つイメージと違うかな?とも思ったのですが、
実際に口にしてみると、爽やかな中にも
じわっと砂糖のような甘さを感じるあたりは、
山崎かな。と思わせます。

☆7

144214709550295572180_DSC03114


私の地元、愛知県の知多蒸溜所 特製グレーン。

9月に新知多が発売になりましたが、
こちらは知多発売前のマーケティング調査として
販売されたと思われます。

新知多と違い、熟成12年以上のグレーンで構成されています。
価格もフルボトルだと8500円ほどで、新知多よりも高価でした。

<飲み方:ストレート>
年月を重ねたグレーン特有の甘い香り。
甘く華やか、蜜、紅茶、樹木、ニスも少し。

口にはスルッと入ってフワッと広がる優しく軽いタッチ。
舌の上で甘さのある刺激を残します。

余韻は、
ほのかに樽香が漂います。

ゆったりとした時間を過ごすには最高の選択です。


<飲み方:トワイスアップ>
ボディが弱く、腰砕けになります。

ストレートでゆっくり楽しむ方が良いです。


先日発売された新知多と飲み比べが必要ですね。

☆7

yamazaki12y

インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ2003のウイスキー部門金賞。
最近は名称が「シングルモルトウイスキー山崎 12年」に変わりました。
ディスカウントショップで安かったので購入してみました。
色は金色に近いです。
柑橘系、木の香りがします。
舌触りまろやかで、適度な甘みがあります。
これといって飛び抜けた特徴があるわけではないのですが、
素直においしいウイスキーと言えます。

☆9 (90点)
4700円/750ml
シングルモルト 43%

hakushutarudashi12

白州蒸留所に見学に行ったときに買った一品です。
酒屋さんでは売っていない代物です。
アルコール度数57%というだけあって、アルコールの香りがバリバリです。
シェリー樽とホッグスヘッド樽の原酒をバッティングしたピュアモルトということで、
ほのかにシェリー樽の香りがするような気がしまが、
アルコールの強さに消されてしまっています。
このストレートのウイスキーに、同じ白州で詰められた「南アルプスの天然水」
を使って1:1の割合で割ったところ、
鼻を突くアルコールの香りが減って、華やかな香りが出てきました。
結構コクがあって、口の中に余韻が残ります。
ストレートで飲んでも、また深い旨みが味わえて楽しめます。

☆8


hakushujyouryuujyo

白州蒸留所に見学に行ったときに、両親が買ってくれた物です。
白州蒸留所限定品で、ビンにはシリアル番号が書いてあります。
柑橘系の香りと、樽香が良い感じで香ります。

☆7(73p)



hibiki17

白州蒸留所に見学に行ったときに、
義父母が買ってプレゼントしてくれたウイスキーです。
17年以上のモルト原酒36種と、
17年以上のグレーン原酒をブレンドしたサントリーの高級ブレンデットウィスキー。
甘く華やかな香りで、洋梨のような香りもします。
色は琥珀色。
甘みが口の中で広がります。
水で割るとハチミツのような香りで、味わいにも同じくハチミツの甘さも感じます。
香り味わい余韻すべて十分な実力。万人受けするウイスキー。

☆8+(88点)
ブレンド 43%



↑このページのトップヘ