カテゴリ: ウイスキー

144279135693619672178_108-0818_IMG
さかのぼること15年前になります。
初めて余市蒸溜所を訪れたのは2002年11月。
時刻は午後3時。雨が上がりで、天候は曇り。

当時はワインばかり飲んでいて、特にウイスキーに興味があった訳では無いのですが、初めて訪れた北海道でたまたま立ち寄った場所が余市蒸溜所でした。
144279260705622376178_108-0820_IMG
当時は立ち入り禁止エリアが今ほど沢山ありませんでしたので、一般の観光客でも敷地内をどんどん奥まで入っていくことが出来ました。これは製樽棟。樽が山積みされています。
144279273834329486178_108-0821_IMG
この雲といい蒸溜所内の建物といい、日本の景色ではないようで、異世界に迷い込んだようです。
天候のせいもあるかもしれませんが、人の気配もありません。
144279364947328438178_108-0824_IMG
明かりの見えるリタハウス(旧研究室)。
喫茶になっていて、ここで休憩をしました。
144279367155446346178_108-0825_IMG_2
今はもう営業はしていませんが、当時は中に入るとこんな感じでした。ここはエントランスで奥の緑の扉を開けると喫茶室になっています。
アフタヌーンティをいただいた後は、さらに散策。
144279339917686864178_108-0826_IMG_20150921085639
奥に見えるのは三号貯蔵庫なのですが、今見ると何か違和感。昨年(2016年)訪れたときの写真と比べてみましょう。
DSC06688 (1)
気づきますか?木が成長して高くなっているのはもちろんですが、左側の貯蔵庫がありません。
このことは別の記事「航空写真でみる余市蒸溜所」で取り上げています。

蒸溜所の帰りがけに無料か有料かは記憶にないのですが、初めて余市のウイスキーを試飲しました。
頂いたのはショットグラスに一杯のシングルカスク10年。

・・えっ?!

未体験の世界です。
この一杯には衝撃が走りました。
口腔から鼻に抜ける樽香は、永遠に続くのではないかと思うほど長く、蒸溜所を後にするまで余韻が続きました。前述の通りとおり当時はワインにハマっていて、ほとんどウイスキーは飲んだことがありませんでした。こういう酒があるんだと感動したことを、15年たった今でもはっきりと覚えています。

この前年の2001年、シングルカスク余市10年がウィスキーマガジンの「ベスト・オブ・ザ・ベスト」に輝いていますが、もちろんそんなことも知りません。
144279286062561357178_108-0819_IMG
そして、シングルカスクの余韻がいまだ残る中、
再訪を誓いながら蒸溜所を後にするのでした。
今では考えられませんが、正門付近でも人がいないですね。

・・・翌年、
マイウイスキー作りに参加したのでした。

144279339917686864178_108-0826_IMG_20150921085639
過去に余市蒸溜所を訪れた時の写真を見ていたら、今は無い建物があることに気づきました。
これは2002年に三号貯蔵庫を撮影した写真なのですが、今は左手の建物がありません。

手っ取り早い確認方法としては航空写真かなと思い、少し調べてみました。
以下の航空写真はすべて国土地理院から。
出典:国土地理院ウェブサイト 
yoichi2015_
2015年
分かりやすいように航空写真に文字を追加しました。旧竹鶴邸の裏道を三号貯蔵庫に向かって見ると(赤色の矢印)左手に建物が見当たりません(赤丸)。
yocihi2008_2
2008年
A・・・2008年にはもう存在していないようですね。
ただ、もう一つ別の違いに気づきました。
B・・・Bの場所にも貯蔵庫が見えます、これも今は存在していないため、2008年以降に取り壊されたようです。
C・・・この年、Cの位置の2棟がウイスキー博物館に改装されました。
2017年現在、貯蔵庫は26棟ですが最大30棟が使われていたということでしょうか。
yocihi2000_
2000年
今回存在が気になった旧竹鶴邸裏の建物、白黒で分かりづらいですが2000年にはありますね。2000年から2008年の間に取り壊されたようです。
yocihi1976_3
1976年
2000年の航空写真が白黒しか無く、見にくかったので1976年のカラー写真。
蒸溜棟から石炭の煙が見えます。
ただ、こうなると間違い探しのように、他にも違いを探してしまいます。
A・・・カラーで見ると、貯蔵庫らしき建物がしっかり見えます。
B・・・2000年の白黒写真では分かり難かったですが、旧竹鶴邸がありません。2002年12月に余市町近くから蒸溜所内に移築しています。
C・・・2000年の写真にある貯蔵庫がまだありません。70年代のウイスキーブームで増築されたのでしょう。
D・・・ニッカ会館、ショップのノースランドはありません。
E・・・2000年の写真にある建物(貯蔵庫?)及び、このEの位置の北側の大きな建物がまだありません。
F・・・製樽棟が増築前。

更に過去の航空写真が見てみたくなってきます。
yoichi1965
1965年
貯蔵庫の周りに堀のように池がありますね。
yoichi1948
1948年
ニッカウヰスキーになる前の、大日本果汁の時代。
貯蔵庫は一号、二号棟しか見当たりません。
池のように見えたのは余市川の中州。埋め立てて貯蔵庫が建造されていったことがよく分かります。

さて余市蒸溜所を航空写真で見てみたわけですが、1965年から76年の写真を見ると、ウイスキーブームにのって10年ほどの間に、貯蔵庫の建設ラッシュがあったことが分かりました。
しかし、国内のウイスキー消費は1970年台をピークとしてずっと右肩下がりで、2008年にはピーク時の1/3の出荷という過去最低を記録しています。推測になりますが、2008年頃にはニッカもかなり生産を抑えていたため、使っていない貯蔵庫がいくつもあったのでしょう。2008年にニッカ会館に近い貯蔵庫は博物館に改装され、今回気になった建物を含む2棟も取り壊されています。ただ数ある貯蔵庫の中でなぜこの2棟を取り壊したのか分かりませんでした。
非常に気になるのですが、もしご存知の方がいらしたら教えてください。

DSC08637
今年の夏休みの家族旅行は、蓼科、諏訪、そして白州。
もう何度も訪れている白州蒸溜所ですが、何度来ても飽きることはありません。

今回は家族の許可を貰い、私だけ朝10時のバーオープンとともに「BAR白州」に入りました。
DSC08638
メニューを見ると非常にリーズナブルな価格で、白州や山崎以外にもサントリーが扱うマッカランやボウモアなど沢山のウイスキーが載っています。
時間があまりないため、今回は白州に絞り、白州の構成原酒(3種類)、白州25年、白州18年、計5種をいただきました。
DHEoIpxVYAQbUbW
白州スモーキー:薬品ぽさ、スモーク、麦芽の風味。舌の上でほのかな甘み、キリリとした刺激。
白州シェリー:チョコレーズン、枕木、甘く華やかな香り。今回5種の中で一番感激したかも。
白州ホワイトオーク:酸味がかった樽の香り、少し石鹸。穏やかな甘み。
白州18年:クリーミー、少しキャラメル、口腔内での広がりがすばらしい。
白州25年:じんわりした甘み。乳酸的な雰囲気。いつもでも残る余韻。
DSC08644
これは一日中ここに居たいですね。

白州のボトルを併設されているお土産屋で購入しようとしても、白州は蒸溜所限定のシングルモルトしか販売していません。しかも一人一本まで。白州25年、18年はもちろん、12年のボトルもありません。厳密にはチョコレートと12年の小瓶セットなら売っています。なんとも寂しい状況ですが仕方が無いですね。

そして、今回のお土産。
DHMWD03UIAALj1I
蒸溜所限定シングルモルトは妻と私で一本ずつ購入。あとはチョコとセットの12年の小瓶。 最近のマイブームである燻製用の樽材スモークチップなど。

前回訪れたときは昨年の冬(2016.12)
DSC07467
四季折々の景色を見せてくれます。
またいつでも訪れたい場所ですね。

C_Hub1MVoAAJ63e
蒸溜所限定のNA(ノンエイジ)を3種を改めて飲み比べてみました。
<過去記事>
 (P&S)
 (W&V)
 (S&S)

それぞれのレビュー詳細は過去記事を参照いただきたいのですが、
改めて3種を飲み比べ、それぞれの特徴を再確認できました。

まず結論ですが、今回のNAの中で私がお勧めするとしたらW&Vになります。
余市の新樽の特長や、余韻にかけての余市らしい潮気も良く出ていて、ひときわ輝きを放っています。

個人的な好みで言うと、NAにおいてはW&V>P&S>S&Sです。
12年貯蔵の余市蒸溜所限定だと、私の好みはP&S>W&V>S&Sの順ででした。

貯蔵期間が短いNAの場合、余市で蒸溜される力強いニューポットは、渋みなどの癖が出やすい新樽にも負けずに、良い効果を発揮するのかもしれません。
12年貯蔵ではP&Sが良かったのですが、P&Sは貯蔵期間が増すほど刺々しさが減り、力強いピート、オイリーさや潮気をゆったり味わえます。
S&Sは年数に寄らず、余市サルファリが少し気になります。

せっかくなので、通常の余市NAも飲み比べてみました。
C_HyUu6VYAEkmaE
余市NAは度数45%と、蒸溜所限定に比べて10%低いです。ただ色合いについてはベビーボトルなことも有るかもしれませんが、圧倒的に薄く見えます。
余市NAは開栓後時間が経って角が取れたこともあるかもしれませんが、開栓時より刺々しさが減り結構良いですね。個性的な蒸留所限定の3種と飲み比べてみると、うまく3種類の良いところが取られ、P&Sをメインに余市らしい力強さが表現されていると思います。
実際のバッティングの比率は分かりませんが通常のNAはPS>SS>WVなイメージです。

さらに、蒸溜所限定NA3種と貯蔵期間が近いと思われる余市2000'sも。
C_H30LNUAAACzoD
P&Sはもちろんですが、W&V比率が余市NAより大分と高いですね。特に後半は新樽が強く出てます。
2000'sは開栓直後はS&S由来と思われる硫黄っぽさが出てた気がしますが、久しぶりに飲んでみるとそれほど気になりません。2000'sは暫く置いたほうが落ち着いて良い方向になります。

飲み比べてみると、それぞれの特徴が再確認できてなかなか楽しい時間が過ごせました。

DCxLms5UwAAD10v
ニッカウヰスキー
モルト
アルコール度数 43%
☆8

華やかに香ります。水仙、黒蜜、バニラなど。
心地よい甘さが口腔に漂い、しばらく甘い樽の芳香が続きます。
飲むほどに心落ち着き、ゆったりした時間が過ごせます。
DDB4LAiVYAEoVJW
竹鶴NAもハイボールに合うのですが、もちろん17年も最高に美味いハイボールが出来上がります。
ほのかに樽香、爽やかな酸味があっておすすめです。
144263817008768073179_DSC02895
ロックでの香りの出かたは樹の蜜、少しメープルシロップ、ピートがハッキリ。
氷が溶けて薄まってくると、 甘酸っぱさが強調されます。

すっかり店頭で見かけることがなくなった竹鶴17年。
現在は出荷調整がされていて、なかなか手に入り辛い状況です。残念ながら一部の酒量販店ではプレミア価格となっていますが、本来は7000円が希望小売価格です。

DA1V7W4VoAAsPfn
ニッカウヰスキー
ブレンデッド
アルコール度数 43%
☆6

香は、樽、カスタード、もみ殻、焚き火。
始めスーッと入ってきてシェリー由来の甘さが広がり、続いて舌を通過し始めると辛さがやってきます。
ほんの僅かですがニッカの硫黄、辛口にキリリとしめながら、ピートを感じる余韻に繋がります。
そして最後の最後は、シェリーの甘味が舌の回りに残ります。

上記のテイスティング後にニッカの製品紹介ページを見てみたのですが、シェリーが広がった後にヘビーピートが現れるという記載は、まさにブレンダーの狙い通りとなっていました。
これだけヘビーピートでガツンとくるのは一般受けするとは思えないのですが、それを限定品とはいえ全国展開するあたりはニッカらしい製品だと思います。
DEMKKGnV0AAHLVP
ハイボールにすると、意外にフルーティーな感じに出来上がります。そして程よいピートの余韻がなかなか良いです。

クロスオーバーをうまいと言ってリピートするのは、普段ウイスキーを飲む人の中でもごく一部のツボにはまった人だと思いますが、再び買いに行ったときには限定数のため商品棚から無くなっているという状況でしょうね。
考えてみると、この売り方は大手ビールメーカーがコンビニなどで限定数のクラフトビールを出す販売方法に似ていますね。ということは、ブラックニッカは次の限定品を考えている可能性が高いと予想します。青ビン、黒ビンときたので、次は赤ビンで華やかさを狙い、モルトは宮城峡メイン?とか色々想像をしてしまいます。

過去の記事:ブラックニッカ アロマティック

CZ5YyJqUsAAnHxN
ニッカウヰスキー
ブレンデッド
アルコール度数 51.4%

樽、シリアル、カスタードクリームやキャラメルソースの様な甘い香りに癒やされます。 
重厚でしっかりしたコク。
余韻は甘く、樽がしっかり。

アルコール度数は高めでなのすが、アルコールがきつい感じはあまりありません。
舌に絡まる心地よい甘さに、心もゆったりとリラクゼーションできますね。 
Ce4CxE_UMAAiqBl
炭酸で割ってハイボールに。
ちょっとやそっとでは炭酸に割り負けません。
氷が溶けてきても、後半から余韻にかけて樽の風味はしっかり残ります。

2015年にフロム・ザ・バレルはインターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)でトロフィーを受賞しましたが、なにげに、2007年からISCやWWAなど何かしら毎年のように国際的な賞を取り続けています。
実際のところ、年数表示の消えた現在のニッカのラインナップでは、フロム・ザ・バレルが購入の最有力候補になりますね。

そしてこのビンのデザイン。
レトロ感がって良いのですが、注ぎにくく、こぼれやすい。しかし、これもまた味があって良いのです。

☆7
COtmwM1UwAA8xXe
四角いビンは、デザイナー 佐藤 卓氏が塊感をイメージしたものです。
上記の写真に写っているビンは昔の蒸溜所限定と、イオンの量り売りで使われていたものです。当時はウッディ&バニリックもシングルカスクでしたね。10年ぐらい前の空ビンですが、蓋を開けるとまだキャラメルのような甘い香りが!

CmCvc20VAAADVRY
ニッカウヰスキー蒸溜所限定
グレーン
アルコール度数 55%

甘い樽の香りだけで幸せになれます。

甘く濃厚な樽の香りに、ニスも少々。何故かその中にスミレの花も。

口に含めば、じんわり甘く、暖かさが広がり、更に幸せに。

暖炉の前でくつろぐ雰囲気。
うちには暖炉なんて良いものはありませんが・・・
甘く、円やかな熟成香が、落ち着いた雰囲気で結構好きです。

ウッディ
&メロウというネーミング。これは的確にこのボトルの特長を表していると思います。
本当に、結構なウッディです。非常に長い余韻は、樽材が歯に挟まってるんじゃないかと錯覚する程?の印象を残します。

本ボトルは「ニッカウヰスキー株式会社7」と記載があります。「7」は仙台工場での瓶詰を表しているのですが、過去には「6」柏工場表記のものがありました。
カフェ式連続蒸溜機は1999年に西宮工場から仙台工場(宮城峡)へ移設されています。
ここからは確認をとっていないので推測になるのですが、下記のように考えています。
7番表記・・・ 蒸溜:仙台、 貯蔵:仙台、 瓶詰:仙台
6番表記・・・ 蒸溜:西宮、 貯蔵:栃木、 瓶詰:柏

もしウッディ&メロウの貯蔵が仙台と栃木で異なるのであれば、ぜひ飲み比べてみたいですね。

☆7+

C_IASHwUIAAyqUe
余市烝溜所限定
ニッカウヰスキー
余市 シングルモルト SHERRY & SWEET(S&S)
モルト
アルコール度数 55%
☆6

香りはさつまいも、バルサミコ、輪ゴムのような硫黄っぽさ、なめし皮。
味わい甘く暖かく、ブランデーのような雰囲気をもっています。また、ナッツも有り。
後味にほんのり苦みと甘味、ザッハトルテを思い起こします。
加水すると柔らかく甘さが主になり非常に飲み易い。
ただ、12年貯蔵のシェリー&スイートもそうでしたが、単調な感じは否めません。

Cnan4mvVYAILl2_
北海道余市蒸溜所限定
ニッカウヰスキー
モルト(活性樽)
アルコール度数 62%

グラスに注いだ瞬間部屋に広がる芳醇な甘い香り。
栗蜜、レーズン、余市の貯蔵庫、非常に複雑です。

口腔に広がり、鼻から抜ける濃厚な樽香は、 ナッツ、アーモンドチョコ、オレンジピール。
非常に力強く、熱いものを感じます。
後味オレンジピールチョコ、恐ろしく長い余韻。

何度飲んでも、 その度に感動がある素晴らしい出来です!

☆9+
CXesSxjUEAEkO0w
開栓済のシングルカスク リメード樽と飲み比べてみました。
樽番号 405566(活性樽) 62%
樽番号 405450(リメイド樽)  56% 


同じ10年でもアルコール度数は6%も異なります。
いずれも凝縮したモルトの甘さや、オイリーな感じがありますが、活性樽の方がより果実を感じ、リメイド樽はバニラっぽさの中に、少しカチンとハードな余市の雰囲気を持っています。
活性樽もリメイド樽も、旧樽をリチャー(再度樽の内側を焼く)し、樽の両面の鏡板は新材に交換している点は同じですが、活性樽はウイスキー樽の旧樽、リメイド樽はバーボンの旧樽である点が違います。リメイド樽のバニラっぽさはそこから出ているものと思われます。


↑このページのトップヘ