カテゴリ: ウイスキー

DO5sr0zU8AA1eH8
ブラックニッカ アロマティック
ニッカウヰスキー
モルト・グレーン
アルコール度数 40%
評価 ☆7

スーッと爽やかに立ち上るフルーツの香り、アプリコット、クリーム、暖炉など。
滑らかでソフトな飲み心地、味わいはリンゴチョコ、ザラメなど甘く優しい。
甘さを帯びた、ややビターな余韻。
アロマティックのネームがまさに本ボトルの特徴そのままに表しています。
宮城峡モルトの華やかな香りに、宮城峡のカフェ式連続蒸溜機によるカフェモルト、カフェグレーンによるのコクと甘さのバックアップ。宮城峡の特徴が見事にブレンドされた本ボトルは、限定ブラックニッカの第3弾となりますが、今回も期待を裏切らない素晴らしい出来です。

続いて1:3の濃いめハイボール。
円やかで甘いフルーツジュースみたいになります。
終始甘さがあって、余韻にかけてはウッディさが残ります。
アロマティックはハイボールにしてもいけますね。
DO532tTUIAAcjhc
ブラックニッカ アロマティックの出荷本数は144,000本です。
ブレンダーズスピリットはもちろん、クロスオーバーも既に量販店では目にする機会が無くなりました。アロマティックも手に入るうちに購入されるのが吉だと思います。
過去の限定ボトルの出荷本数は以下のようになっています。
2016/11販売 ブレンダーズスピリット 144,000本
2017/ 3再販 ブレンダーズスピリット 120,000本
2017/ 5発売 クロスオーバー 132,000本
ブレンダーズスピリットは、2016と2017で飲み比べると微妙に味わいが異なるとの情報もありますし、原酒の関係から更なる再販は厳しいかもしれませんが、このアロマティックについては人気があれば再販は十分可能な気はします。

ちなみに過去のクロスオーバーの記事で次の限定ボトルを予想していたのですが、赤色の瓶で華やかさを狙い宮城峡?と予想していましたが、なんとドンピシャで当たってしまいました。じゃあ、次は?となるわけですが、、難しい。まさかの白瓶でニューポットなんかは無いですよね。とりあえず、赤瓶のアロマティック再販でしょうか。
過去の記事:ブラックニッカ クロスオーバー

DO1wK6wUIAAJxKl
アイラ
ラガヴーリン
2007-2017
バーボンホグスヘッド
評価 ☆7

ヨード、クリーミーな香り、ドライフルーツも。
味わいは思ったより若く、スッキリとしたイメージ、木材系。

既にウイスキーラバーズ名古屋2018のチケットは購入していますが、先行するPRボトルがラガヴーリンとは嬉しいですね。今からとても楽しみになってきました。
DO1wMkjUQAEuz0N

DO1roVTVQAADbxK
北海道余市郡
ニッカウヰスキー
シングルモルト余市 モスカテルウッドフィニッシュ
モルト
アルコール度数 46%
評価 ☆6+

香り甘くハチミツ、モルトの穀物系、多少酸味の有る柑橘も少し。
味わいは香りの続きで甘さがありますが、余市のピートもやってくる。
余市らしい骨太なボディーですが、結構思ったよりレーズンのような甘味が強く、なんとなく自分が余市に求めるものと違う気がします。

DOXIh85VQAEf8IS
アードベッグ アン・オー (Ardbeg AN OA)
アードベッグ
モルト
ノンチルフィルタード
アルコール度数 46.6%
評価 ☆8

香り桃タルト、バニラクリーム、海藻、焚き火の後に残った炭。
はじめのタッチはソフト、シロップの甘さ、後半からスパイス、アーモンドの燻製。
鼻に戻ってくるスモーキーさ。木炭の余韻が長く続く。中々複雑な造り。
せっかくなのでTENとも比較してみます。
DOXNXGtVQAAc8Mo
アンオーとTEN。色合いはアンオーの方が濃い。香りはアンオーの方が複雑、TENの方が硬い。中盤の甘さはアンオー、後半にかけての甘さ、スモーキーさはTENの方が強い。アンオーはTENに比べて、香りと味わいに、華やかさと円やかさが足された印象。個人的な好みは、なかなか甲乙つけがたいです。
DOa2Wh_VQAEYWwK
ハイボール。煙くさい。焼きリンゴ、焦げた薬品のビン、ヨード。
正露丸を溶いたハイボール、少し甘み有り。口の中が消毒される。余韻は長くスモーキーさが残ります。

2017年10月4日に発売されたアンオー。私はたまたま百貨店の売り場で発見しましたが、まだ日本に入ってきている数が少ないようですね。

DK-nAIqUIAAxw3h

アイル・オブ・アラン蒸溜所
アランモルト 14年 プライベートカスク 2001-2015
限定338本
シェリーフォグスヘッド
モルト
ノンチルフィルタード
アルコール度数 55.5%
評価 ☆7+

赤っぽい琥珀色。
香りチョコレート、オレンジ、手に付くとカンナで削った木。
味わい太陽浴びて凝縮したテンプラニーリョの甘味、渋み。実際シェリーにテンプラニーリョは使われてませんが、南仏、スペイン等の凝縮した甘みを持つ赤ワインを思い起こします。
酒質は素直な感じで、後半モルトの甘味とナッツ、最後は辛口。ビターな余韻。

信濃屋アンバサダーカスク 第5弾
ウイスキーラバーズ名古屋2017の信濃屋ブースにて予約購入

DJwDpqUUQAAjqJf
山崎蒸溜所の有料ツアーに参加しました。常時2,3ヶ月先まで予約が埋まっている程の人気なのですが、たまたまサイトで予約状況を見てみたら数日後に空きが出ていました。キャンセルがあったんでしょう、お陰で運良く予約が入れられました。

前回来たのは10年以上前。まだ、ツアーも無料で予約も不要、飛び込みでも全然参加できたのですが、時代が変わったものです。
DJuniZhVAAAfCJc
JR山崎駅から懐かしの小道を行く途中、追い越した二組はいづれも東南アジア系の外国人。昔となんだか雰囲気が違います。
DJuw-shUEAEZmDZ
ツアー予約の一時間前に到着。受付に行って予約時刻を伝えると、「○○様。ようこそいらっしゃいました」あれ?なぜ名乗っていないのに名前を? 聞いてみると、ツアー参加者に日本人が2名しかおらず、一人は既に入場済みだから分かったそうです。なんと25名中23名が外国人というツアーに当たったわけです。
DJ-i-_DUQAAa-74
国産第一号ウイスキー サントリー白札。
集合時間までウイスキー博物館を見学しましたが、自分以外は外国人しかいません。
DJvQ6ExVoAEB8oM
とりあえす、お決まりのこの場所を撮影しようと思いましたが、代わる代わる外国人がポーズをとって撮影しているので、これ一枚撮るのも結構大変でした。
DJvQ7xPUEAAVaOM
何が並んでいるのか良くみてみると山崎の原酒はもちろん、サントリーの扱うスコッチやバーボンも並んでいます。更にはリンクウッド、ストラスアイラなどもありますね。

ショップも見に行きましたが、山崎はNAと蒸溜所限定シングルモルトのみで年数表示の物は一切販売無し。まぁ、分かってはいましたが、仕方が無いですね。

さて、ツアーの集合時間。見渡すと中国語の通訳を伴った団体が半数を占め、残りは少人数の外国人グループで人種はまちまち。そして日本人は私を含めて2名。
後で聞いてみたら、今日はいつもに増して外国人が多いそうで、実際は年間でみると来場者の外国人比率は1割ぐらいらしいです。
DJ6YskuUEAA5F91
まずは糖化槽と発酵槽。
DSC08879
木で作られた発酵槽は、高さは3~4m。見学できるのは木桶のみですが、山崎には他にステンレスの発酵槽も有ります。
DJ-i9yaU8AADJS4
蒸溜釜。初溜釜6基、再溜釜6基が見学できます。
蒸溜釜の形は真ん中が膨らんでいるバルジ型(写真手前)、ストレート型(手前から2番目)があり、味わいが異なったニューポットができあがります。グレンフィディックなんかも複数の形を揃えていますが、一つの蒸溜所でこのように複数の釜を使い分けている所は少ないです。また、加熱方法はスチームから置き換えが進んだ結果、現在は真ん中の3号基を除いてガス直火です。この他に見学はできない別の場所に初溜、再溜それぞれ2基が2013年に追加されていますので、山崎蒸溜所には合計8対16基が稼働していることになります。白州も同じ8対16基です。ちなみにニッカは余市が初溜4基、再溜2基、宮城峡が初溜4基、再溜4基。蒸溜釜の数だけでいうとニッカの倍以上ですね。スコットランド最大のグレンフィディックは、小型とはいえ初溜13基、再溜15基と流石に多いです。
DJ-iRFKVoAAOdBa
山崎のツアーで見学できる貯蔵庫は、床がコンクリート、高さは三段まで積んだダンネージ式で、およそ2000樽。そして、見学した上のフロアーも貯蔵庫らしく、同程度の樽が有るそうです。他に貯蔵庫を聞いてみると、新幹線からも見える大きな建物、あの中に樽がたくさん詰まっているそうで、おそらく内部はラック式になっていると思われます。山崎全体で一万~数万樽?これは蒸溜所の方に聞きましたが、企業秘密らしくはっきりとは答えてもらえませんでしたが、サントリー全体では白州、近江をあわせて100万樽だそうです。ネット調べですが、かつては八ヶ岳にもエイジングセラーがあったらしく、全体では160万樽といわれていたこともあったようです。
DJvbC4mVwAAKWfx
奥に見える鏡板が黒いのは知多のグレーン。響のブレンドなどに使われるそうです。
山崎はボトリングもしていますが、見学はできません。山崎でボトリングされるのは、山崎、響などの高級酒のみだそうです。
DJwDqyQUMAA534u
さて、ツアーの最後は試飲です。
構成原酒12年が2種類と、山崎NAが2杯(1杯はハイボール用で、山崎の炭酸水が頂けます)。
・ホワイト オーク樽 12年とは思えないほど薄い色。鼻をつく酸味、洋梨、蜜、 トースト 味わいビスケット キュッとしたボディ。
・ワイン樽 香りストロベリーチョコ。赤ワイン ポリフェノールを感じ、柔らかく広がる。
続いて山崎NAを頂くとやはり、ブレンダーはすごいと思いますね。華やかな香り、ワイン樽のストロベリーチョコがあり、味わい甘く蜜っぽさが広がります。そしてウッディで、スパイスのある余韻に繋がります。
DJ-ht2BV4AAMgVZ
ツアーが終了した後は、もうひとつの目的であった有料試飲。構成原酒3種と山崎18年、25年を頂きました。有料ツアーの試飲にあったホワイトオークとワイン樽はメニューに有りません。
DJvb4ivUIAAeGj1
・パンチョン樽 スッと甘いフルーツ、キリッと辛口、じんわり甘い余韻。
・シェリー樽 焦げたレーズン、プルーン、酸味渋みのある甘味が広がる。
・ミズナラ樽 香り控えめ、糖、お香、じんわり上質に広がる甘さ後半力強く盛り上がる。
・山崎18年  甘いショートケーキ、黒糖、華やかさ舌の横から裏にかけてじっくり。
・山崎25年  アルコールの刺激が無い。チーズケーキ、古い樽、枕木、キャラメルで作ったフレンチトースト。濃さ、重さ、甘いバニラを伴う長い余韻。
満足です!特に25年の持つ固形になりかけているかの様な独特なコクは、かつて体験したことのないものです。

さて、帰宅前に気になっていた場所へ。
DJ-ho9gVAAEf4qQ
蒸溜所の裏手にある椎尾(しいお)神社です。サントリーの樽がお供えされていました。
DJ-hqotUIAAC-HR
ちょろちょろと水が流れているので、気になって境内の裏山をさらに登っていきましたが意外と険しく、クマ注意の看板も。どこまでも続く山道に10分ぐらい進んだところであきらめました。
DJ-hsJhUEAAK_zq
これからも美味しいお酒が飲めるよう健康を祈願して帰路につきました。
、、が、山崎駅に着いてから気づきました。ショップに寄るのを忘れてる、、。
蒸溜所限定シングルモルトを買おうと思っていましたが、まぁいいか。
帰って自宅にある山崎12年を飲むことにします。

DJh6JWkUEAE_4zX
北海道余市蒸溜所
ニッカウヰスキー
モルト(新樽)(二号貯蔵庫)
アルコール度数 58%
十年浪漫倶楽部 2007-2017
☆9

グラスに注ぐと赤みがかった琥珀色をしています。
幾重にも重なる濃厚で甘い香りが漂い、熟した南国フルーツ、バナナクリーム、オレンジピール、チョコレート、バニラ、、まさに期待していた香りが溢れます。

入りスムースで、味わいは余市の新樽らしく、力強さと甘いバニラがあり、芳ばしく、ナッツのような味わいが底支えしています。後半はピートを感じるビターな余韻が現れ、口腔内に長く漂います。
DJh8ty1UIAElsh0
一応は同じ北海道と言うことで、チェイサーは夏に北海道旅行に行ったときにホテルでもらってきた道産のナチュラルミネラルウォーター。取水地は北海道の大雪山ふもとにあり、余市からはかなり離れています。硬度を見てみると59mg/L、余市は20mg/Lと言われていますので、単純に硬度だけみると南アルプスの天然水の30mg/Lの方が近いですね。

10年前、娘の誕生記念に妻からプレゼントされた十年浪漫倶楽部。
このボトルが届くまでの間に、余市まではこのプレートを下げた樽を3回ぐらい見に行っています。
ぼかしを入れていますが、ここに名前が刻まれている方々がこの樽のオーナーです。
CxJRL8SUAAAr9Ne
海外での日本ウイスキー人気の高まりや、NHKのマッサンによる影響が出る前はこのように二号貯蔵庫もほとんどの樽が二段で並んでいました。
CAjJtHiVIAA9CL1
現在の二号貯蔵庫内はすべて一段で、かなりスペースが生まれています。
CtK0mf0UsAAQXST
十年浪漫倶楽部の10年を待つ楽しみ、あっという間に過ぎてしまいました。
ウイスキーも期待を裏切らないすばらしいものでしたが、娘の成長とともに10年待つという楽しい時間を過ごさせて貰ったことにも感謝です。



144232810213140217180_DSC02987
ニッカウヰスキー 十年浪漫倶楽部 余市とは、複数人で樽のオーナーになる企画です。
5年後に1本、10年後に2本、余市蒸溜所からウイスキーが届きます。
非常に気の長い?というか、夢のある企画なんです。
そして、その長い10年間の間には、毎年絵はがきで熟成具合を送ってきてくれます。

スターターキットの中身はこんな感じ。
144232875173410856180_DSC02986
時代を感じるVHSのビデオテープと、未貯蔵原酒、フォトスタンドが入っています。
毎年送られてくる絵はがきも詰め込んであり、ちょっとした宝箱です。
ちなみにVHSのビデオは、デッキがないので一度も見れていません。

あっという間の5年経過。。
C5XKcujUMAAeI8G
ついに5年貯蔵のシングルカスクが送られてきました。
新樽特有のウッディさとバニラとの記載。

マイウイスキーもそうですが、マイ樽が貯蔵庫に眠っている間は、自分の樽を見に行くことが出来ます。(余市蒸溜所には事前連絡が必要です。)
CEHQ2niVIAA42EC
これは2015年のゴールデンウィークの写真。
二号貯蔵庫に眠る十年浪漫クラブの樽に案内してもらいました。写真手前が二号貯蔵庫。立入禁止区域なので観光客は写っていません。ニッカの担当の方々、ゴールデンウィークの忙しい中案内いただき、ありがとうございました。
CEHVg4dUgAAtXCg
貯蔵庫の鍵を開けてもらい、重たい扉が開かれると、中はこんな感じです。数年前に訪れたときは二段に積んであったのですが、今回は平積み。かなり樽が少ない印象です。まさに原酒不足。
十年浪漫倶楽部は壁際に並んでいます。樽は樽詰めされた年毎に並んでいるので、ニッカの案内のお姉さんと一緒に探すこと3分。すぐに自分のネームプレートのついた樽に再会できました。 
CEHYfInVEAA-IAV
そして、さらに数年経過し、2017年。
DJINw32UwAAA9nV
ついに10年が経過。まだ5年も開栓していません。
これで0年、5年、10年がそろい、その変化を見られます。
C5XBK4QUkAAZa3Q
十年浪漫倶楽部、残念ながら今はもう終了してしまっていて、新たに入会できないのは残念ですね。

私のレビュー記事はこちら
余市 シングルカスク 10年 樽番号408015(十年浪漫倶楽部)

余市マイウイスキーづくり 2003年5月 2日目

2日目は樽づくりと、ニューポットの樽詰めです。

■マイウイスキーづくり 1日目の記事はこちら
余市マイウイスキーづくり 1日目

まず、チャー(樽の内側を焼く)作業を見せてもらいました。
144327555007811117177_112-1262_IMG
凄い迫力!
しかも美しい!!

続いて、樽づくり体験。
144327590033526457177_112-1266_IMG
漏れ防止のために、板と板の間にガマの葉を挟んでいく作業をやらせてもらえます。
樽の上に写っているのが、ガマの葉。
写真の樽は私たちの物ではないのですが、色々な絵が描いてありますね。
あれ?この絵はどこかで見覚えが??

樽作りが終わると、参加したメンバー皆さんで樽にマジックで名前を書き入れます。
書き終わったら、いよいよニューポットの樽詰め作業です。
結構勢いよく、ドバドバ入れていきます。
144327672341692265177_112-1271_IMG
樽は250リットルのリメード樽。
一般の家庭の風呂が、150~200リットルぐらいなので、小さく見えるこの樽でも結構入りますね。
ただ、10年後には2~3割ほど減ってしまいます。計算すると200リットル弱。
・・・50リットル減る。年5リットル。
天使って、結構な量を飲んでくれるんですね。

樽詰めが終わったら、一般の見学者に注目されながら、貯蔵庫まで樽を転がしていきます。
144327852577527357177_112-1273_IMG
無事貯蔵庫に到着。
これから10年の長い眠りにつきます。
144328078549897581177_112-1274_IMG
これで二日間のウイスキーづくりは終了です。あっという間の時間でした。
最後に、樽詰め前の未貯蔵原酒がもらえました。
144327738273563822177_DSC03270
樽との別れを惜しみつつ、蒸溜所を後にする前に散策をしました。
144328153458656951177_112-1278_IMG
敷地内の池には白鳥がいましたよ。
(2016年の上級コース参加時に白鳥について聞いてみたところ、「もう今はいませんが、結構凶暴な鳥だった」とのことです。)
144328146781569149177_112-1275_IMG
ライラックもきれいに咲いています。

それから10年・・・
子供がふたり生まれたり転職をしたり、色々なことがありました。
その間もマイウイスキーは、暑い夏の日も、雪深い冬の日も、ずっと余市の貯蔵庫で、眠っていたわけです。
そして、10年の時を経て、あのときの無色のウイスキーは琥珀色に変わり、私の手元に戻ってきました。

■余市 シングルカスク 10年 No.405450
画像
ニッカのテイスティングノートより。

香り:
樽のスイートな熟成感と
りんご、バナナのような華やかなエステル香。
ややオイリーな重厚さが全体を引き締める。

味わい:
やわらかでなめらかな口当たり。
バニラの甘さとクリーミーさが調和。
ややビターな樽の余韻が続く。

すでに一本空け、残り4本となりました。
私のテイスティングノートはこちら。
余市 シングルカスク 10年 樽番号405450 

さらに、2016年にはマイウイスキーづくり上級コースに参加しましたので、よろしければそちらの記事もご覧ください。
余市マイウイスキーづくり 上級コース 1日目 


144319351248465672180_112-1220_IMG
余市マイウイスキーづくり 2003年5月 1日目

昨年のシングルカスクとの衝撃的な出会いから半年後・・・
■過去記事
余市 シングルカスク 10年 樽番号??????(2002年余市蒸溜所)
半年たっても、未だに余韻が抜けきらない状態で、再びやって参りました!
ニッカウヰスキー余市蒸溜所。
(写真はすべて2003年当時)
144319384778139071180_112-1224_IMG
訪れたのは5月、海道の朝晩は冷えます。リタハウス前には、すずらんがきれいに咲いています。
144319548735157803180_112-1226_IMG
集合時間より早く着いたので、蒸溜所をぶらぶら散策しました。
144319417966694342180_112-1268_IMG
集合時間になり、まずは参加者の顔合わせとオリエンテーション。そして一通りのウイスキー作りの説明を受けたら、ニッカのつなぎに着替えていざ出陣!
144319580657779542180_112-1233_IMG
まずはキルン塔にて、ピートを炊きます。
144319452016919993180_112-1230_IMG
壁際に積まれたピート。ピートは道産で、ニッカが所有する石狩平野の土地から掘り起こしたものだそうです。
144319525353431070180_112-1229_IMG
ピートを焚いている様子。キルン棟の中はかなり強いピートの香りがします。
144319599086092491180_112-1231_IMG
フロアモルティング。手で触れてみると温かい。
今回マイウイスキーで体験をさせて頂いたのですが、これは観光及びマイウイスキーのためで、実際はモルトスター(製麦専門会社)から麦芽は買い付けているそうです。
144323511428672038177_112-1237_IMG
蒸溜棟にて、蒸溜釜に石炭投入!
144323515764055285177_112-1239_IMG
次は、糖化釜に入って掃除体験。
気づいてみたら外も薄暗くなってきました。
本日の製造工程の体験はここまで。

さてさて次は、今日一緒に参加したメンバーのみなさんと、さらには工場長も加わってお楽しみの宴会!着替えをして、蒸溜所内のニッカ会館にあるレストランに移動です。

北海道の素材を使った素晴らしい食事に、もちろんニッカのウイスキーも登場しました。
144323565278596529177_112-1247_IMG
ニッカウヰスキー 余市産ワイン ミュラー・トゥルガウ
余市周辺のぶどうのみを使ったワインです。
が、2002年、この年にニッカはワインから撤退しているんです・・・。
ニッカの余市産ワインを飲めるのは、最後の機会でした。
144323560096701004177_112-1245_IMG
そして、シングルカスク 余市 10年。
なんと、飲み放題!!!
60度近い原酒を浴びるほど飲ませてもらいました。

で、2時間後・・・べろんべろんの酔っ払い、完成。
欲張って飲み過ぎたせいで、当然の結果に。
早くホテルかえって寝たいと後悔の念に駆られていたのですが、その時工場長から粋な計らいが!!
「夜の竹鶴邸に、特別ご案内しましょう」

え?今から?
こんな酔っ払い連れてっていいのか?
(旧竹鶴邸は、前年の2002年12月に余市郊外から移築されたばかりです)
へろへろの足取りで、お邪魔させていただきました。竹鶴邸。普段は入れない部屋まで。
くれぐれも、粗相のないように。
144323569999369938177_112-1251_IMG
あまりよく覚えていませんが、写真を見るとリタ婦人のピアノがありますね。
そして竹鶴邸を後にする頃には、外は真っ暗。
144323572781307954177_112-1259_IMG
蒸溜所を抜ける風は冷たく、余市蒸溜所にはすっかり夜の帳がおりていました。
この後、どのようにホテルにたどり着いたは、いまだに不明です。

二日目、起きれるか??

余市マイウイスキーづくり 2日目




↑このページのトップヘ