DO5sr0zU8AA1eH8
ブラックニッカ アロマティック
ニッカウヰスキー
モルト・グレーン
アルコール度数 40%
評価 ☆7

スーッと爽やかに立ち上るフルーツの香り、アプリコット、クリーム、暖炉など。
滑らかでソフトな飲み心地、味わいはリンゴチョコ、ザラメなど甘く優しい。
甘さを帯びた、ややビターな余韻。
アロマティックのネームがまさに本ボトルの特徴そのままに表しています。
宮城峡モルトの華やかな香りに、宮城峡のカフェ式連続蒸溜機によるカフェモルト、カフェグレーンによるのコクと甘さのバックアップ。宮城峡の特徴が見事にブレンドされた本ボトルは、限定ブラックニッカの第3弾となりますが、今回も期待を裏切らない素晴らしい出来です。

続いて1:3の濃いめハイボール。
円やかで甘いフルーツジュースみたいになります。
終始甘さがあって、余韻にかけてはウッディさが残ります。
アロマティックはハイボールにしてもいけますね。
DO532tTUIAAcjhc
ブラックニッカ アロマティックの出荷本数は144,000本です。
ブレンダーズスピリットはもちろん、クロスオーバーも既に量販店では目にする機会が無くなりました。アロマティックも手に入るうちに購入されるのが吉だと思います。
過去の限定ボトルの出荷本数は以下のようになっています。
2016/11販売 ブレンダーズスピリット 144,000本
2017/ 3再販 ブレンダーズスピリット 120,000本
2017/ 5発売 クロスオーバー 132,000本
ブレンダーズスピリットは、2016と2017で飲み比べると微妙に味わいが異なるとの情報もありますし、原酒の関係から更なる再販は厳しいかもしれませんが、このアロマティックについては人気があれば再販は十分可能な気はします。

ちなみに過去のクロスオーバーの記事で次の限定ボトルを予想していたのですが、赤色の瓶で華やかさを狙い宮城峡?と予想していましたが、なんとドンピシャで当たってしまいました。じゃあ、次は?となるわけですが、、難しい。まさかの白瓶でニューポットなんかは無いですよね。とりあえず、赤瓶のアロマティック再販でしょうか。
過去の記事:ブラックニッカ クロスオーバー