2016年9月23日
ニッカウヰスキー余市蒸溜所

朝起きると東海地方は激しい雨。
早朝のフライトでセントレアから千歳、JRに乗って余市まで移動し、昼過ぎに到着。天候は雨上がりの曇り。
当選通知から2ヶ月。ついに楽しみにしていたこの日がやってきました!
DSC_0572
今回、13年ぶりにマイウイスキーづくりに応募しました。
結果、なんと一発当選!
当選メールを貰ったときは思わずガッツポーズ。しかも競争率の高い「上級コース」です。
あとで蒸溜所の方に伺ったのですが、倍率は20倍。昨年のマッサン人気の時は40倍!だったそうです。
上級コースは年1回の開催ですので、一生応募し続けても当たらないこともあり得ます。
なんて幸運!!
DSC06396
懐かしの緑色のつなぎに着替えて、いよいよ1日目の始まりです。
DSC06384
まずは参加者の皆さんと顔合わせ。
そしてオリエンテーションから始まるのですが、その直後にいきなりあるテストが実施されます。成績優秀者は後で良いことが。。
続いてプロジェクタを使って講義を受けます。結構専門的な用語や、化学式が出てきたりして内容は少し難しいですよ。
DSC06404
座学が終わって外に出ると、少し青空が見えてきました。
これから工場見学。雨が上がって良かったです。

まずは、キルン塔、蒸溜棟の見学へ。
たくさんの一般見学者を横目に、立ち入り禁止エリアを次々に突破していくのはちょっと快感だったりします。
DSC06408
手前の小さい釜が創業当時のものですが、小さいですね。
中を覗くと鎖が見えます。石炭直火なので、鎖がぐるぐる回って底が焦げるのを防ぎます。たしかに、稼働中の釜からはキュルキュルと音が聞こえてきます。
CtGh_EkUEAAmU9y
一番奥でピカピカと輝きを放っている光るタマネギみたいなのは、昨年25年ぶりに交換された再溜釜。稼働していない創業当時の1基を除き、初溜釜4基、再溜釜2基が現在稼働しています。
DSC06415
そして、次は貯蔵庫へ移動。
余市蒸溜所は貯蔵庫が26あり、普段一般公開されているのは一号貯蔵庫になります。一号貯蔵庫は、見学用に開放しているため展示は空樽となっているようです。
我々が向かったのは、二号貯蔵庫。
参加者の名前が書かれたマイウイスキーの樽と十年浪漫倶楽部の樽が眠っています。
DSC06451
扉を開け、中に入ると少し薄暗く、同時にモワッと貯蔵庫独特の香りがします。土間の土と、樽から揮発するウイスキーの少し蒸れたような香り。
手前には何だか古そうな樽が。
DSC06443
・新樽 1987年
・シェリー樽 1986年
・活性樽 1987年
なんと、30年物!
スポイトの原理で筒(バリンチと言います)を樽に差し込んで、親指で反対側を抑えて引き上げます。
実際にやってみると、これが中々難しく、貴重な原酒をボタボタこぼします。
P&S、W&V、S&Sと書かれたボトルは、蒸溜所限定販売のNA(ノンエイジ)のシングルモルトではなく、30年のシングルカスクと言うことになります。
DSC06454
次は発酵棟へ。
一般見学は出来ないエリア。
CtqwYjBUsAAjini
めちゃくちゃ湿度が高くて暑いです。この槽の中で72時間かけて糖がアルコールに変化します。
Ctqwa60UMAA-c1V
時間経過による味の違いを実際に飲んで体感。お湯で溶いたオートミールみたいなんですが、しっかりスモーキーフレーバーしてます。
DSC06475
16時。少し日差しも傾いて、蒸溜所の建物の影が長くなってきました。
プレゼンテーションルームに戻って、これからまだ2回のテイスティングがあるのです。
DSC06483
生涯忘れ得ないようなテイスティング。涙)

テイスティング後は竹鶴邸へ向かいます。
DSC06498
マッサンの囲碁。
DSC06515
マッサンとリタの衣装は本物です。
紹介したいこと多すぎて、、すみません割愛します。
DSC06529
竹鶴邸を後に、夕食をいただくためニッカ会館へ向かいます。暗くなってきた蒸溜所、どちらを向いても趣のある景色です。
楽しみにしていた夕食は、相変わらず豪華。
DSC_0580
シングルカスク10年(新樽)も登場。
新樽のエグみなんかもなく、それどころかキラキラ輝くようなパワーがあふれていて、新樽いいわぁ。
楽しかった夕食も終わり、二次会会場へ。
DSC06551
三代目マスターブレンダーの佐藤さんから色々お話を伺えました。
DSC06568
時刻は20時。二次会もあっという間に時間は過ぎ、本日の全行程が終了。タクシー待ちの間には、西川工場長と記念写真も。

前回のマイウイスキーでは、ベロンベロンのひどい状態でした。あれから13年、自分も成長してちょっとはセーブすることを覚えたようです。
非常に濃密な時間を過ごした一日。程よく疲れを感じながらタクシーで宿へ向かいます。

二日目に続く。。
余市マイウイスキーづくり 上級コース 2日目